白雪姫「女同士入れ替わりと、女同士の憑依が好きです。


by irekawari
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

『ボクがあの娘(こ)であの娘(こ)がボクで』

『ボクがあの娘(こ)であの娘(こ)がボクで』
「さめだ小判」先生
チャンピオンREDいちごVOL.4
読み切り


2007年の11月ぐらいに出た本です。


この作品には「男女入れ替わり」があります!








あらすじ

「ちはる」(女)と「まこと」(男)は家が近所で、かつ幼馴染み同士。
まことは毎朝ちはるの家に来てちはるを起こしている。しかしまことがそんなことをしている理由は、ちはるの着替えや裸を見たいがためだけだった。
しかし、ちはるにしてみれば、いくら幼馴染みとはいえ、毎朝着替えを覗かれに来られてはたまったものではない。ちはるは、まことのことをけっこううっとおしがっていた。

ある朝、またいつものようにまことが「幼馴染みを起こしてあげる」という名目でちはるの部屋に入ってきた。着替え中だったちはるはまことに「出て行け」と言うが、実力行使で出て行かせようとしているうちにもみ合ってしまい、その勢いで二人は階段から一緒に落ちてしまう。

気がつくと、二人は身体が入れ替わってしまっていた。

ちはるの身体になれたことを喜んだまことは、ちはるになりすまして大声を出し、ちはるの両親を呼ぶ。ちはるの身体のまことはまことの身体のちはるに急に襲われたと嘘を言い、ちはるを家から出て行かせることに成功する。ちはるはちはるの両親によって警察送りにされてしまった。
f0130334_22591255.jpg

f0130334_22592674.jpg

邪魔者を排除したまことは、ちはるの部屋でちはるの身体をじっくり堪能する。
そこへ突然ちはるの母が入ってくる。ちはるの母から、実はちはるはまことのことを好きだということを知らされるまこと。
さらに、ちはるが警察送りにされたことを知らされる。まさか警察沙汰にまでなっているとは思わなかったまことはちはるが心配になり、警察に電話して、ちはるを釈放してもらうよう連絡した。

その後、まことはちはるになりすまして学校へ行こうとするが、男と女の身体の違いをまだよく把握していないため、街中の往来でお漏らししてしまう。
さらにその後、見知らぬ男達に声をかけられ、怖いを思いをする。
「自分はいつもちはるにあんな思いさせていたのか・・・」と、男達の行動から、普段自分がちはるの着替えを覗いたりにしているのはちはるに嫌な思いをさせているのだなと思い、反省の心を持つようになる。

まことの助言もあって、ようやく警察から開放されたちはる。ちはるはすぐにまことに会おうとするが、ちはるも男の身体をまだよく理解していないため、人前で勃起してしまう。
これらの体験を経て、ちはるは、男の身体というものは欲望にすぐ反応してしまう&自分の思い通りにならない、ということを理解する。

紆余曲折あり、ようやくちはるとまことは再会する。

頭をぶつけるとかして元に戻ろうとするが、変化はなかった。
f0130334_22594163.jpg

とりあえず、まことの身体のちはるの股間が勃起したままなので、それをなんとかすることになった。
ちはるの身体のまことが、まことの身体のチンポを握ってオナニーさせる。さらに同時に、まことはちはるの身体でオナニーし始めた。
二人で同時に自慰行為をし、同時に絶頂を迎える。
そのとき、二人はうっかり態勢を崩し、お互いの頭をぶつけ合ってしまう。

気がつくと、二人の身体は元に戻っていた。

身体は元に戻っていたが、気がつくとちはるはまことに馬乗り状態で押し倒されていて、さらに自慰の後なのでまことのチンポから出た大量の精液が顔や身体にかかっていた。そして目の前には、自慰の余韻に浸るまことの姿があった。
いかがわしい行為をされたといっても過言ではないこの状況に、さすがのちはるも切れてしまう。

また再び、まことはちはるの訴えで警察送りにされていた。2回目ということで弁解も容易ではないだろう。
一方、ちはるはお漏らしの噂が広まったためか、近所の子供に「お漏らしねーちゃん」呼ばわりされ、思わず悲鳴をあげていた。




というお話。






感想。

見ただけで「男女入れ替わりものだな」と分かる、実に分かりやすいタイトルがいいです。
ただ単に「おれがあいつであいつがおれで」のパロディ、というだけなのかもしれないですがl。

ストーリーは読み切りのためテンポがいいです。
極端にダークな部分もなく、基本的には明るい話です。入れ替わることによってお互いのことを理解し、最後にはまた元に戻る、という入れ替わりの王道ストーリー。
しかし私はそういう「入れ替わって、お互いを理解して、元に戻る」という展開もすごく好きなので、そういう部分はよかったです。
絵柄は、女の子が可愛くて、絵柄そのものも私好みです。

悪いところは、全編通して、常にテンポが一定なところ。緩急がありません。
肝心の入れ替わるシーンにしても、他の普通のときとコマ割りがほとんど同じで、あまり「重大なことが起こった」という気がしません。
入れ替わりシーンに見開き2ページ使うとか、見せ場はもっと強調してほしかったな、と思いました。

エロは少なめ。性器が直接描かれていたりすることはありません。せいぜい、露出した女の子の胸に乳首が描かれている程度。
私は入れ替わりものにあまりエロを求めたりしないので、エロさ加減はこのぐらいでちょうど良かったです。

全体的には良かったのですが、やはり肝心の入れ替わりシーンがあっさりしすぎていたのがちょっと気になりました。
でも男と女の身体の違いとかを分かりやすく描いてくれていて、王道ゆえのその分かりやすい内容はすごくよかったです。
あと、基本的に明るい話、というのも私好みでした。
[PR]
by irekawari | 2008-02-01 23:00 | 入れ替わり作品の紹介・レビュー