白雪姫「女同士入れ替わりと、女同士の憑依が好きです。


by irekawari
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

母娘(おやこ)チェンジ!!第4話「恋のライバル!?宮城ゆかり登場」

藤崎紗耶香(ふじさき さやか)・・・高校一年生。現在、妙子の魂が入っている。
藤崎妙子(ふじさき たえこ)・・・専業主婦。現在、紗耶香の魂が入っている。

桜葉航太(さくらば こうた)・・・高校一年生。一応、紗耶香の彼氏。

宮城ゆかり(みやぎ ゆかり)・・・紗耶香と航太のクラスメイト。





母娘(おやこ)チェンジ!!
~ツンデレ娘とおっとり母の入れ替わり~
第4話「恋のライバル!?宮城ゆかり登場」






航太「それにしても、身体が丸ごと入れ替わるなんて、普通じゃないですよ。このまま元に戻らなかったらどうしようとか、不安に思ったりはしないんですか?」
紗耶香「それは、少しは不安も感じてますよ。紗耶香も、態度や口に出したりはしないけど、きっとわたしと同じぐらいは不安を感じてるんじゃないかしら。でも、一度入れ替わったんだから、もう一度同じように入れ替わる・・・つまり元に戻ることも、けっして難しいことじゃないと思うの」
航太「ず、ずいぶん前向きな考えなんですね」
紗耶香「ふふふ、親なんてものを長年やっていたら、多少のことでは動じなくなるものなんですよ。そうだ航太くん、もし紗耶香とわたしが元に戻らないままだったら、紗耶香と別れる?自分の好きな子が34歳のオバサンになったら、普通は嫌いになっちゃうんじゃない?」
航太「そ、それは・・・」
紗耶香「・・・・・・・」
航太「ぼ、僕は・・・紗耶香がどんな姿をしていようと関係ない。ちょっと・・・いやかなり気が強くてワガママなところもあるけど、ぼ、僕はその・・・紗耶香のことが好きだから・・・ずっと一緒にいたいし、僕にできることなら、なんでもしたいと思ってる」
紗耶香「あらあら、ずいぶん頼もしいわね。これなら、紗耶香のことを安心して任せられるわね」
航太「え、あ・・・すみません、ずいぶん大きなこと言っちゃったけど、僕はほんとに何の取り柄もないし、ただの学生の身だし・・・」
紗耶香「そんなことないわ、航太くんはこんなに紗耶香のことを好きでいてくれているし、人を好きという気持ちがあれば、どんな障害でも乗り越えていけるって、おばさん信じているから。ふふっ、そうね、航太くんは男の子だから、もっと自分に自信を持ったほうがいいかもね」
航太「じ、自信か・・・が、頑張ってみます」
紗耶香「ふふふ、それにしてもさっきの航太くんの台詞、紗耶香に聞かせてあげたかったわ」
航太「え、僕の台詞って?」
紗耶香「紗耶香のことが好き、ずっと一緒にいたい、なんでもしたいと思ってる、のあたりよ」
航太「う、うわ」
航太は自分で言っておきながら、今頃になって、顔から火が出そうになるぐらい、顔を真っ赤にして恥ずかしがった。
紗耶香「ふふ、航太くん、紗耶香にあんまりそういう事言わないでしょう?今日帰ったら、紗耶香に直接さっきの台詞を言ってあげたら、あの子、きっと喜ぶわよ」
航太「えっとあのその・・・それはまた、機をみてということで・・・」
紗耶香「あらあら、女の子はいつでも、はっきりと言葉と態度で示してくれることを待っているものなんですよ?好き同士の二人だからこそ、航太くんのほうからガンガン攻めてあげないと!」
紗耶香は握り拳をつくってなにやら力説している。
航太「あ・・・ははは・・・ガンガンかぁ・・・あ、妙子おばさん、ほら、もうすぐ学校に着きますよ」
紗耶香「あ、ほんとですね、わあ、当たり前だけど、学生さんでいっぱいですね」
航太(うーん、妙子おばさん、紗耶香との仲を応援してくれるのは嬉しいけど、ちょっと、熱が入りすぎてるとこもあるよなぁ・・・)



ゆかり「あ・・・桜葉君・・・と藤崎さんだ」
航太と紗耶香が並んで正門から学校に入ろうとしている頃、校舎の2階になるとあるクラスから、一人の少女が窓越しに見下ろすようにして、校門付近の航太と紗耶香を見ていた。
ゆかり「あっ、今日は手をつないでいる・・・いつもは並んで歩いているだけなのに。そりゃ、恋人同士なんだから手ぐらいつなぐよね・・・私ったら、いつまで桜葉くんのこと思い続けてるんだろ」

宮城ゆかり。
航太と紗耶香のクラスメイトの、高校一年生の少女。
眼鏡に三つ編みで、平凡さを絵に書いたような少女である。実はゆかりは航太のことが好きで、航太が紗耶香と付き合うようになってからも、密かに航太のことを想い続けている。

ゆかり(いいなぁ、藤崎さん、桜葉くんと付き合うことができて。藤崎さん、性格はちょっとキツい感じだけど、明るいし、美人だし、スタイルいいし、スポーツ万能で頭もいいし、桜葉くんが好きになるのも当然かな。私も、藤崎さんみたいになれたらいいな・・・いっそのこと、藤崎さんと入れ替わることができたら・・・私は藤崎さんとして、桜葉くんと付き合うことができる・・・って、他人と入れ替わるなんて、そんな漫画みたいなことあるわけないわよね、私ったら、何言ってるんだろ)
ゆかりは現実に起こり得るはずのないことを妄想している自分に気がついて、自己嫌悪した。




続く。



後書き。

紗耶香や航太に名字をつけて、あと、サブタイトルもつけてみました。
[PR]
by irekawari | 2007-08-28 23:57 | 女同士入れ替わり