白雪姫「女同士入れ替わりと、女同士の憑依が好きです。


by irekawari
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

母娘(おやこ)チェンジ!!~ツンデレ娘とおっとり母の入れ替わり~

航太(こうた) 16歳 高校一年生
紗耶香(さやか) 16歳 高校一年生
妙子(たえこ) 34歳 専業主婦




紗耶香「そうよっ!あたしはあんたが好きなのよ!悪い!?なんか文句ある!?」
紗耶香は彼女の特徴であるつり目の端をさらに吊り上げ、さらに彼女の一番の特徴でもある、腰まである長いツインテールの髪を振り乱しながら航太に迫る。
航太「わ、悪くもないし文句もないけど・・・そ、それって告白?」
紗耶香「あんた、耳ついてんの?誰がどう聞いても告白でしょーが!!」
航太「こ、こんな激しい告白聞いたことないよ・・・」
紗耶香「あーもう!男のくせにウジウジしちゃって情けないわね!で?そういうあんたはどうなのよ!?」
航太「へ?ど、どうって・・・」
紗耶香「あたしのこと好きかどうかって聞いてんのよ!あたしは自分の気持ちをあんたに伝えたんだから、あんたもあんたの気持ちをあたしに伝えるのが筋ってもんでしょーが!!」
航太「す、筋って、告白ってそういう理由でするものじゃないんじゃ・・・」
紗耶香「あーもうイライラするわね!!男ならハッキリしなさい!!あたしのこと好きなんでしょ?好きに決まってるわよね?ほら、早く好きって言いなさい!!」
航太「え、え、えええええええ!?」
紗耶香「なーにドン引きしてんのよ!!いっとくけどね、あ、あたしだって、は、恥ずかしいんだからね!!男のくせに、女の子に恥ずかしい思いさせるんじゃないわよ!」
航太(あ・・・紗耶香も恥ずかしいのを堪えて、僕に気持ちを伝えてくれているんだ・・・ぼ、僕も勇気を出さないと・・・)
航太「あ、あの、僕も・・・・です」
紗耶香「あ!?なに!?声が小さい!男ならもっと大きい声出しなさい!」
航太「ひえっ!あ、あの、僕も・・・」
紗耶香「は!?なんですって!?」
航太「ぼ、僕もさ、紗耶香のことが好きだ!!」
航太は絞り出すようにして、今までで一番大きな声で紗耶香に気持ちを伝えた。
紗耶香「・・・・・・・・・・・・・・・」
紗耶香はすぐには返事をしなかった。
顔を真っ赤にして、目を見開いて、驚いた表情をしている。
その後、ほんの少し口元が緩み、笑みをうかべたような表情になったが、またすぐに口元を引き締め、航太をキッと見据えた。
紗耶香「なっ、なによ、最初っからそう言っていればいいのよ!!あんたってば昔っから何やってもトロいんだから!」
航太「そ、そんなぁ、僕だって恥ずかしいのを堪えて告白したのに・・・」
紗耶香「うるさいわね、あたしはあんたの何倍も恥ずかしかったのよ!!男なら女の子にスラスラ告白できて当然でしょ!?」
航太「そ、そんなこと言われても、恥ずかしいものは恥ずかしいし」
紗耶香「あーもう!いつまでグダグダ文句言ってんのよ、男らしくないわね!とにかく、これであたしとあんたはこ、恋人同士・・・になったんだから、他の子に浮気なんかしたら承知しないわよ!!」
航太「う、うん、う、浮気なんか・・・し、しないよ」
紗耶香「よろしい。じゃ、ほら、帰るわよ」
なんの前置きもなく、いきなり紗耶香は航太の横に立ち、無理矢理手を握った。
航太「え?え?」
紗耶香「なによ、恋人同士は手をつなぐもんでしょ?」
紗耶香は視線をあさっての方向に逸らしつつ、顔は真っ赤になっている。
航太「う、うん」
航太は、照れ隠しをしている紗耶香の横顔を見て、自分も握られている手をそっと握り返した。



母娘(おやこ)チェンジ!!
~ツンデレ娘とおっとり母の入れ替わり~




航太と紗耶香は同じ高校に通う高校一年生。
二人は家が隣同士で、幼馴染みの関係である。
二人は長い間「腐れ縁」という関係だったが、思春期を迎える頃、お互いを「異性」として意識するようになり、少しずつお互いに相手のことを好きになっていった。
そして高校一年になり、ひょんな事からお互い告白することになり、それ以来二人は一応「恋人同士」という関係になった。
しかし紗耶香は極端に気が強い娘だった。
付き合うようになってからも航太に大して甘えるような態度はほとんど見せず、紗耶香は主に言葉で航太をいじくり倒していた。
二人の間柄は、周りから見ると恋人同士というより、女王様かお姫様とその従者、みたいな関係に見えた。
これは紗耶香が気が強い性格なのに対し、航太が軟弱、といっていいぐらい弱々しい性格をしていることにも起因する。
付き合うようになってからも、キスをしたのはたったの1回。その他の性行為は一切ない。わざとなのかどうかは分からないが、紗耶香のほうからそういう甘い雰囲気にもっていっていない感じだ。
航太はあまり自己主張しないが、それでも性欲豊富な健康な男子高校生だ。紗耶香とキス以上の関係になりたいと思っているが、実際は付き合う前とほとんど変わらず、紗耶香にガミガミいびられる毎日。
そんな理不尽な関係に不満もあるが、好きな紗耶香と付き合えているだけでも幸せだと思い、ダラダラと今の関係を続けてしまっている。
そんなある日・・・。



航太は紗耶香の家で、紗耶香の母・妙子と紗耶香の三人で、夕食をとっていた。
両親が海外出張している航太は、夕食のときだけ紗耶香の家に呼ばれて食事する習慣になっていた。
航太「ごちそうさまでした」
妙子「あら、もういいの?物足りないようなら、遠慮せずにおかわりしていいのよ」
紗耶香の母・妙子がおっとした口調で聞いてくる。

妙子は現在34歳。夫とは死別して、今は紗耶香と二人だけで暮らしている。
妙子は34歳という年齢のわりにはとても若々しい。知らない人が見れば、とても高校生の娘を持つ一児の母とは思えないだろう。性格はおっとりしていて、ややのんびりしたところがある。専業主婦だけあって家事全般なんでもできて、料理の腕もうまい。
今はウェーブがかった髪を、首の後ろあたりで大きなリボンで1つにまとめている。
一方、娘の紗耶香は気が短く誰に対してもキツイ態度で接し、勉強はできるほうだが家事全般は苦手。料理など自分でしたことがない。髪は癖のないストレートのロングだが、家でも学校でも、いつもツインテールにしている。
紗耶香と妙子は親子だが、性格も見た目も、見事なまでに正反対だった。

航太「いえ、もうお腹いっぱいだし。あ、でもおばさんの料理、今日も美味しかったですよ」
妙子「あらあら、そう?そう言ってもらえると、おばさん、嬉しいわ」
妙子は右頬に右手をあてて、にっこりと微笑んだ。
航太は妙子のその母性あふれる穏やかな笑顔を見ていると、心が安らぐ気がした。
紗耶香「もう、航太って男のくせに食が細いんだから。そんなんだからいつまでたっても背が低くて貧弱な身体のままなのよ」
航太「ぼ、僕の身体は生まれつきだから仕方ないよ」
紗耶香「なによ!そんなの心掛け次第でどうにでもなるでしょ!強くなってやろうとか、そういう向上心がないあんたが悪いんでしょ!」
妙子「紗耶香、なにも逞しい身体だけが男の人の魅力じゃないでしょう。航太くんにも素敵なところいっぱいあるんだから、紗耶香がそれに気付いてあげなきゃ」
紗耶香「それくらい、ママに言われなくても知ってるわよ。でも、仮にもあたしの彼氏なんだったら、もっとあたしにふさわしい立派な男になってほしいのよ。ママも、あんまりこいつ甘やかしちゃダメよ。こいつってば、甘やかしたら甘やかしただけ怠けるんだから」
航太「ぼ、僕だってちょっとは努力してるよ・・・」
紗耶香「あんたのどこがどう努力してるってのよ!努力してるってんなら、まずはその男のくせにウジウジしたしゃべり方から治しなさいよ!」
妙子「紗耶香、あんまりいっぺんにいろいろ責めちゃかわいそうよ。人間なんだから、そんなに急には変われないわよ、ね、航太くん」
航太「は、はい・・・」
紗耶香「ふん!」
紗耶香はふてくされた表情のまま、また自分の食事を再開し始めた。




航太「はぁ~あ、紗耶香ったら食事のときでもつっかかってくるもんなぁ。これじゃあ、気が休まらないよ」

航太は自分の部屋で椅子に座りながら、机の上に置いてある写真立ての中の紗耶香の写真を見ながら、オナニーをしていた。
写真の中には、黒をメインに白いセーラーカラーの制服を着た紗耶香が両手を腰に当ててこちらを睨んでいる姿が映っている。
航太は紗耶香とつきあい始めてけっこう経つが、未だに紗耶香はキス以上の関係を許していなかった。
そのキスも、まだたったの1回しかしていない。
そんなわけで、航太は彼女がいるにもかかわらず、こうして紗耶香の写真を見ながら男の欲望を発散していた。
航太「うっ・・・」
大きくそそり立った航太のおちんちんから、白い精液が迸る。
今日は航太は、紗耶香がフェラをしてくれているところを想像しながらオナニーをした。

航太(あーあ、紗耶香にもキス以上のことしてもらいたいけど・・・そんな日がいつか来るのかなぁ・・・)

絶頂の後の少し虚しい気分に合わせて、心の中で少し愚痴を言いながら、航太はティッシュで自分の手についた精液を拭き取っていた。
この日は学校の宿題もなかったので、適当に時間を過ごして、そのままベッドに入って眠りについた。


次の日の朝。
誰かに呼ばれたような気がして、航太は目は開けず、まず意識だけ覚醒した。まだほとんどまどろみの中にいるような状態だった。
紗耶香「航太くん、起きて、朝よ」
航太の耳に紗耶香の声が聞こえてきた。
そのこと自体は別に不思議ではない。航太の家と紗耶香の家は隣同士なので、航太が朝寝坊しているときは、紗耶香が直接航太の部屋に入ってきて無理矢理起こしていた。
航太(と、いうことはちょっと寝坊しちゃったか・・・早く起きないとまた紗耶香にガミガミ言われるなぁ・・・)
航太は起きようとしたが、下半身になんだか違和感を感じた。
誰かに触られているような、こそばゆい感じ。意識を集中してみると、下半身の中でも股間を、誰かに触られているのが分かる。
航太(なんだろう?)
航太はよく分からないままに眠い目をこすりながら上半身を起こし、そこでようやく目を開けた。

紗耶香「あ、おはようございます、航太くん」

航太は目を見開き、驚いた。
ベッドの脇に膝をつき、ベッドの上に身を乗り出すようにしてにこやかな笑顔でこちらを見ている紗耶香。彼女は朝から黒を基調にした生地に白いセーラーカラーのついた制服をきちっと着て、髪もいつものツインテールにしてまとめている。
そして朝立ちのため、大きく勃起してジャージのズボンを盛り上がらせている自分の股間。
なんと紗耶香は自分の右手で、航太のズボンの盛り上がっている部分を何度もこすっている。
紗耶香「あらあら、朝からこんなに元気なんて、やっぱり航太くんも年頃の男の子ね」
紗耶香は航太の股間のふくらみを、まるで可愛い小動物を相手にしているように優しく手で撫でている。
航太(えええええええええええええええええ!!)
そのありえない光景に、航太は心の中で叫んだ。
紗耶香「それにしても航太くんのおちんちん、おっきくなったわね。わたしが小さい頃見たときは、まだあんなにちっちゃかったのに」
航太(小さい頃って、そりゃお互い裸を見たこともあるだろうけど、それにしたって・・・・え、ええええええ!?)
航太の頭はまだ混乱していた。
紗耶香「皮は、ちゃんとむけてるのよね?ね、ちょっと見ていいかしら?」
航太「か、皮って、ちょっと、さ、紗耶香!?」
いいかしら?と疑問形で尋ねつつも、既に紗耶香は航太のズボンを手で下ろしてしまった。
ズボンの下に履いていたトランクスが露わになる。そのトランクスも当然、おちんちんの勃起により膨らんでいる。
紗耶香「うふふ、航太くんのおちんちんって、どのぐらい成長してるのかしら?」
紗耶香は少し顔を赤らめて妖艶な笑みを浮かべながら、航太のトランクスに手をかけた。
航太「ちょ、ちょっと紗耶香、それ以上は・・・!」
航太が無理矢理にでも紗耶香を止めようとしたその時。

航太の部屋の扉が勢いよく開き、そこから紗耶香の母・妙子が入ってきた。
妙子は長袖の上着に足首まであるロングスカート、そしてエプロン着用といういつもの服装だ。髪はウェーブがかった髪が背中まで伸びていて、首のあたりで大きなリボンで1つにまとめている。今日のリボンの色は白だ。たしか昨日は緑のリボンだった。違うのはせいぜいリボンの色ぐらいで、服装から髪型に至るまで、外見は全ていつも通りの妙子だ。
妙子はいつも穏やかで、にっこり微笑んでいる顔か真面目な顔ぐらいしか見せない。が、今の妙子は怒りを露わにした、物凄い形相で航太を睨みつけている。
航太「た、妙子おばさん!こ、これは・・・その・・・」
妙子がこれほど怒っている姿は違和感あったが、状況が状況だけに、それも当然と思えた。
今の状況では、航太が紗耶香に自分のおちんちんを見せようとしているように見えるかもしれない。まだキス1回ぐらいしかしたことないような仲なのに、いきなりそのような行為をしては、母親としては怒るのも当然だろう。
しかし妙子は航太にはなにも言わず、次に紗耶香に視線を移した。
妙子「ママ!航太の部屋でなにしてんのよ!!」
航太「ま、ママ!?」
航太はあまりの衝撃的な発言に、思わず口をあんぐりと開けて呆然としてしまった。
母親である妙子が、娘である紗耶香に向かってママと言っているのである。これは相当に変だ。
紗耶香「あらあら、みつかっちゃったわね」
紗耶香は航太の股間を触るのをやめ、立ち上がって妙子のほうへ向き直った。
紗耶香「航太くんがまだ起きてないみたいだから、いつもの紗耶香の代わりにわたしが航太くんを起こしに来ていたのよ」
妙子「じゃあ、なんであいつのあ、あ、あ、アソコ・・・なんて触ってんのよ!」
紗耶香「航太くんのおちんちんって小さい頃のを見たことしかないじゃない?最近の子の発育ってどのくらいなのかなーって興味持っちゃって」
紗耶香は全く罪の意識など無いような穏やかな笑顔のまま妙子に返答した。
妙子「もう、ママったら!こんな非常事態に勝手なことしないでよ!」
紗耶香「ふふ、そうね、ちょっとやりすぎちゃったわね、ごめんなさい」
航太「紗耶香が普通に謝ってる・・・」
航太は普通ではありえない光景を目の当たりにし、まだ意識が呆然としていた。

妙子「次はあいつね。ちょっと航太!」
航太「え?ぼ、僕?」
紗耶香の母・妙子は、普段は航太のことを「航太くん」とくん付けで呼ぶが、今の妙子はなぜか航太を呼び捨てで呼んできた。
妙子は部屋の入口から航太のベッドのほうまでつかつかと歩み寄ると、いきなり航太の顔に鉄拳をお見舞いした。
部屋の中に妙子の拳が航太の頬にめりこむ鈍い音が響く。
航太「がふぅっっ!?」
勢いで、航太はベッドから転がり落ちた。
航太(た、た、妙子おばさんに殴られた!?)
航太の頭は混乱中のままだが、頬に感じる鈍い痛みが、これが夢ではないことを物語っている。
[PR]
by irekawari | 2007-08-12 14:48 | 女同士入れ替わり