白雪姫「女同士入れ替わりと、女同士の憑依が好きです。


by irekawari
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

純情カップル入れ替わり 前編

昨日の「イヌネコ。」の感想、まだ書き足りていなかったので、あらすじ紹介とか、ちょっと文章付け足しました。








純情カップル入れ替わり
前編





石本和磨(いしもと かずま)と立川加奈美(たちかわ かなみ)は共に高校一年生。
一ヶ月前に和磨が加奈美に告白し、二人は付き合うことになった。
付き合い始めて、キスぐらいはしていた二人だが、二人とも性行為については奥手なため、まだセックスしたことはなかった。
ちなみに和磨は童貞、加奈美は処女と、二人ともエッチは未体験である。

ある日、ついに和磨から加奈美に「セックスしたい」という旨を告げ、了承を得ることができた。
二人とも兄弟がいてお互いの自宅では落ち着いてできないため、ラブホテルを利用することになった。



そして当日の夕方。
いつものデートコースをまわった二人は、街中の、できるだけ人通りの少ないところのラブホテルの前に一緒に立っていた。
和磨の緊張は最高潮に達していた。

和磨「か、加奈美・・・それじゃ、入ろうか」
加奈美「う、うん、和磨くん」
和磨は一緒に入るため、加奈美の手をとった。加奈美の手は震えていた。
表情からも、加奈美が不安な様子がありありと分かる。
和磨(加奈美も、僕と同じように緊張しているんだ・・・。こ、ここは僕がしっかりしないと)

加奈美をしっかりリードしないといけない、と思った和磨は少し強めに加奈美の手を握り、中へと案内した。
といっても、和磨もこんなところに入るのは初めてである。
和磨としてはキビキビと歩いているつもりだが、実際ははたから見るとギクシャクしていて、まるでロボットみたいな動きである。加奈美は、少しうつむいたまま、和磨に連れられるまま後をついていっている。
入口で料金を払い、部屋を指定し、そしてその部屋で歩いていく和磨。その後をついていっている加奈美は、ラブホテルに入ってからは終始うつむいたままで、しかも一言も発していない。しかし、緊張しまくっている和磨は、そんな加奈美の様子を気遣う余裕がなかった。和磨の頭の中には「どれだけ男らしく振る舞えるか、本番できちんとうまく出来るか」ということしか頭になかった。


指定の部屋は2階。エレベーターを使うほどでもないので、階段で上ることになった。
階段を登りきるぐらいのところで、廊下の向こうに、指定した番号の部屋が見えてきた。
あともう少しだ。
和磨はここまで、ほとんどただ機械的に加奈美の手を握っていた。

和磨「あ、も、もうすぐだよ、か、加奈美」
とりあえず第1のゴールが見えてきた和磨は少しだけ精神的に余裕ができて、階段の下の段にいるであろう加奈美のほうへ振り返った。
しかし加奈美はうつむいたままで、表情が見えない。
和磨「か、加奈美?」
加奈美の手は震えていた。さっきラブホテルの入口でいたときより、ずっと激しく。
和磨「加奈美?どうしたんだ!?」
ここでようやく、和磨は加奈美が普通の状態ではないことに気付いた。

加奈美「ご、ごめん・・・和磨くん・・・」

「ごめん」という、拒否ともとれる言葉を聞いて和磨は驚いた。
和磨「加奈美!?」
加奈美「ごめん・・・なさい・・・私、やっぱり・・・怖い・・・」
加奈美は、和磨と手をつないでいるのとは別の手で、うつむいたまま顔の付近をこすっている。

泣いている。

和磨はパニックになった。それでなくても、初エッチというだけで緊張しているのだ。それなのに、まだする前から彼女を泣かせてしまっている。
なんとかしなければ。
そういう思いはあるが、いかんせん、緊張のしすぎで心に余裕がなかった。

和磨「だ、だ、大丈夫だよ、ほら、ぼ、ぼ、僕が一緒だから、なにも怖いことなんかないんだよ」
気ばかり焦っている和磨は、力を入れすぎていることにも気付かず、強引に加奈美を引き寄せ、抱き締めて、落ち着かせようとした。
しかしそれらの急ぎすぎた行為は、加奈美には逆効果だった。
加奈美「い、いやぁっ!は、離して!!」
急に手足を振り乱して暴れ出す加奈美。
和磨「か、加奈美、落ち着くんだ」
暴れる加奈美を、やはり強引に抱き締めようとする和磨。
そして、ますます大きく抵抗しようとする加奈美。

しかし、ここは足場の悪い階段の途中。
加奈美「あっ・・・」
ぐらっ
足場を一段踏み外した加奈美がゆっくりと後方へと倒れていく。
加奈美「きゃ・・・」
和磨「危ない、加奈美!」
腕の中からすり抜けて、そのまま落ちていってしまいそうな加奈美を必死で抱き留め直す和磨。
しかし、一度ついたスピードはなかなかとめられない。
加奈美と共に、和磨の身体も大きく傾く。

次の瞬間、激しい衝撃が和磨を襲う。
薄れゆく意識の中、和磨はひとつのことだけを思っていた。
和磨(加奈美だけは・・・守らなきゃ・・・!!)





後編に続く。





後書き。

まだお互いにエッチ未経験同士のカップルが、初エッチ直前に身体が入れ替わったら困るだろうな~と思って書いてみました。

カップル二人の名前は、アニメ「スクライド」の「カズマ」と「由詑かなみ」からとりました。名前を借りただけなので、性格や見た目は全然違います。
[PR]
by irekawari | 2007-05-20 23:55 | 男と女の入れ替わり小説