白雪姫「女同士入れ替わりと、女同士の憑依が好きです。


by irekawari
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

洋画「キスへのプレリュード」

男女入れ替わりを扱った洋画「キスへのプレリュード」の紹介。




主演はアレック・ボールドウィンとメグ・ライアン。
私は俳優の名前、特に外国の俳優の名前はあまり覚えないのですが、この作品はかなり気に入っているので、主演の二人の名前はパッと頭に浮かびます。



映画公開前に、「余命幾ばくもない老人と花嫁が入れ替わる」内容だと知って、公開前から楽しみにしていて、そして自分でわざわざ映画館まで行って観た作品、ということでかなり思い入れのある作品です。
映画館でパンフレットまで買ったのですが、だいぶ前に入れ替わりものに関する本とかを一斉に処分したときに、キスへのプレリュードのパンフも捨ててしまいました、うーんもったいないことをした。



あとは老いて死ぬだけの老人(しかも男)と、まさにこれからの人生、希望に満ちあふれてる花嫁が入れ替わるという、最高にギャップのある組み合わせなのが良いです。
この老人は悪意をもって入れ替わったわけではなく(多少はそういう気持ちもあったと思いますが)、終盤になって、「お互いのようになりたい」と両者が思っていたから入れ替わった、と説明されるシーンがあります。花嫁が老人になりたい、と思う気持ちはちょっとよく分かりませんが(汗)、とにかく老人側のほうに悪意がなく、全体的に陰湿なところがないので、観ていてあまり暗い気持ちにならなくてすみます。最後には元に戻れる、ハッピーエンドで終わるところも大きいと思います。
やっぱりハッピーエンドはいいですね。私は入れ替わりものは途中ひどい目に遭ったとしても、最後には元に戻ってほしいと思っています。

そして最高に良いのが入れ替わるシーン!!私は入れ替わりの方法では、キスで入れ替わるのが好きですが、それはこの「キスへのプレリュード」の影響が大きいと思います。そもそも、実写でキスで入れ替わるのって珍しいですよね。
映画公開後にレンタルビデオが出たときは、字幕版と日本語版、両方借りてきてダビングして、入れ替わるシーンの前後ばっかり何度も見返しました。何回観ても、キスで入れ替わるこのシーンは興奮します。
キスして入れ替わる前、たしか花嫁が老人に、「あなたにも幸せを」という感じの台詞を言います。
キスで入れ替わった後、花嫁の身体に入った老人が、「あんたも幸せにな」という感じの台詞を、老人の身体に入った花嫁に向かっていいます。このときばかりはちょっと悪意あるっぽい感じの、突き放すような感じで言うので、さらに興奮度大です。

どちらが右か左かは忘れましたが(汗)、入れ替わりのキスのとき、映像上では、花嫁と老人を横から映した構図になります。
花嫁が左、老人が右として。
キスして入れ替わった後、老人が左、花嫁が右になって、左右の位置が入れ替わった状態で映ります。
お互いの位置からも「入れ替わった」ことを暗に示していて、これは演出として上手いなあと思いました。
入れ替わる前、老人はフライドチキンを食べているのですが、入れ替わって花嫁になった後、花嫁の身体でもフライドチキンを食べます。このとき、フライドチキンを持って油でベトベトになった指を自分でなめてきれいにします。入れ替わって間もないときに、こういう花嫁らしくない行動をしているのも、まさに「入れ替わった」感じがしていいですね。フライドチキンを食べるという、入れ替わりの前後で行動の内容に統一がされているのがよいです。


とにかくこの作品は「キスして入れ替わるシーン」!!
そこに尽きます。
キスして入れ替わる作品の、頂点にして最高峰!だと思います。
[PR]
by irekawari | 2007-04-27 07:50 | 入れ替わり作品の紹介・レビュー