白雪姫「女同士入れ替わりと、女同士の憑依が好きです。


by irekawari
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

女教師と男子生徒の入れ替わり

f0130334_0205169.jpg
響子「だ、だめよ宏明くん。いくら休日の学校で、職員室に誰もいないからって、ここで、いきなりそんな・・・」
宏明「だめだよ、響子先生。おれ、もう我慢することができない。おれ、響子先生の身体が・・・欲しいんだ」
響子「か、身体が欲しいなんて・・・せ、先生照れちゃうわ。そ、そりゃ・・・あたしだって宏明くんのことが好きだし、エッチしたいって思うけど、ここはまず「好き」って告白してからじゃないかしら」
宏明「ふふ・・・先生」
響子「きゃっ、いきなり胸をつかまないで。宏明くんにつかまれたら・・・感じちゃうじゃない」
宏明「ふふふ・・・先生の胸、大きいんだな。この胸が、俺の胸になるんだな」
響子「・・・?な、なに言ってるの宏明くん?」
宏明「ふっ、響子先生。貴女のムチムチの、女として熟しきっているその身体・・・もらいますよ。響子先生には、代わりに俺の身体をあげますから」
響子「えっ・・・、か、身体って何、宏明くん・・・ん、んんっ!?」
宏明「ふふふふ・・・」
響子(な、何!?ただのキスじゃない・・・なんか・・・意識が遠のいていく感じ・・・)
[PR]
by irekawari | 2007-03-13 00:21 | 男と女の入れ替わり小説