白雪姫「女同士入れ替わりと、女同士の憑依が好きです。


by irekawari
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

魔族に身体を乗っ取られた母親

f0130334_1921453.jpg
フローラ「ま、ママ!?あたしよ、娘のフローラよ。今までどこ行っていたの!?それに・・・ママ、どうして魔王軍のゼノビアの服なんか着てるの!?」
エレナ「くくく、私は魔王軍の参謀・ゼノビアよ。貴女のお母さんの身体は、わたしが乗っ取らせてもらったわ」
フローラ「ま、まさか・・・ママが、ゼノビアに身体を乗っ取られている!?そ、そんな・・・嘘よ」
エレナ「うふふ、嘘を言ってもしょうがないでしょう。私の身体はもうだいぶガタがきていた。だから、若くて美しい、貴女のお母さんの身体をいただいたの」




回想スタート

エレナ「ゼノビア!覚悟なさい!」
ゼノビア「くっ、このままでは倒されてしまう。けっこう長く使ったけど、この身体ももう用済みね」
エレナ「身体?用済み?何を言ってるの?」
ゼノビア「ふふふ・・・目の前にちょうどいい身体があったわね。若く、美しく、そして私を追いつめるほど強い。私の新たな器にふさわしいわ。貴女の身体・・・気に入ったわ」
エレナ「き、気に入った!?」
ゼノビア「さあ・・・貴女の身体を私にちょうだい」
エレナ「い、いや、身体が動かない・・・」

ゼノビアが大きく口を開けると、のどの奥から黒い霧のようなものが出てきた。その黒いもやはゼノビアの身体から飛び出し、エレナの口の中へと入っていった。
エレナ「や、やぁーーーーーー!ふ、フローラ・・・」
口から黒いもやが飛び出した後、ゼノビアは糸が切れた人形のように、その場に倒れてしまった。

エレナは立ったまま顔を伏せ、うなだれた。
エレナ「ふ・・・ふふふ・・・」
エレナは笑い声をあげながら、静かに顔を上げた。その顔には、とても邪悪ないやらしい笑みが浮かんでいた。
エレナ「うふふふ。乗っ取りに成功したわ。これが私の新しい身体(ボディ)ね。」

エレナ「それじゃ、さっそく着替えないとね。こんな重い鎧なんか、着ていられないわ」
エレナは今まで愛用していたアーマーを次々と脱ぎ捨てていった。アーマーの下に着ていた肌着や下着も全部脱いで、裸になった。
次にエレナは、目の前に倒れているゼノビアの元へ歩み寄って行き、ゼノビアの服を脱がし始めた。
ドレスやブーツ、アクセサリーや果ては下着まで、ゼノビアが身につけていたものを全て脱がしたエレナは、今度はそれらを次々と身につけていった。パンツには、ゼノビアが排泄したおしっこの黄色い染みやうんこすじまでついていたが、エレナは意に介さずそのまま穿いた。
ゼノビアのドレスやブーツ、アクセサリーを全て身につけたエレナは、パッと見ではゼノビアと見間違えるほどになっていた。
エレナ「うふふ。やっぱりこの服が一番落ち着くわね。胸の部分がちょっときついってことは、前の身体より、このエレナって女の身体のほうが胸が大きいみたいね。うふふ、そんなところもますます気に入ったわ」



回想終わり。


エレナ「うふふ。そういうわけで、今は私が貴女のお母さんなのよ、フローラ」
フローラ「や、やめて!勝手にママの声で、あたしの名前を呼ばないで!」
エレナ「冷たいわね、母娘(おやこ)なのに。フローラ、貴女も同盟軍なんか辞めて、魔王軍に入りなさい。そして、魔王様に忠誠を誓うの。魔王様のために働けるなんて、とても光栄なことだと思わない?娘の貴女なら、私直属の部下として、副参謀にしてあげてもいいわ。そうしたら、私とお揃いのドレスを用意してあげるわ。このドレス、素敵でしょ?このドレスは、魔王様から直々にいただいたドレスなのよ。貴女も、そんな野暮ったい鎧より、こんなドレスのほうを着てみたいでしょ?」
フローラ「い、いやよ。ゼノビアと同じドレスなんか着たくないわ」

エレナ「うふふ、違うわ。私はエレナよ。フローラ、私の愛しい娘・・・」
フローラ「や、やめて、近づかないで・・・ゼ・・・ま、ママ!」
エレナはフローラの目の前まで近づいた。
エレナ「やっとママと呼んでくれたわね、フローラ」
フローラ「ち、違うわ、これは・・・きゃっ」
エレナはフローラの頭の後ろにそっと手を回し、フローラの頭を、自分の豊満な胸にゆっくり押しつけた。
フローラ「あ・・・」
エレナ「うふふ。どう、思い出した?ママの胸の感触。」
フローラ「ああ・・・ま、ママ・・・」
フローラはまるで少し幼児化したかのように、すこし甘えた様子でエレナの胸に顔をうずめた。
エレナ「うふふ、可愛いわね、フローラ。私の愛しい娘・・・ママの言うことなら、なんでも聞いてくれるわよね?」
フローラ「ママ・・・ママ・・・なんでも言うこと聞くわ」
エレナ「それじゃ、私と一緒に、魔王軍に入ってくれるわね?」
フローラ「ええ・・・いいわ。あたし、ママと一緒に居たい」
エレナ「うふふ。いい子ね。一緒に、魔王様のために人間共を滅ぼしてやりましょう」
フローラ「ええ・・・人間は・・・皆殺し・・・」
[PR]
by irekawari | 2007-03-11 19:02 | 女同士入れ替わり